健康だった1人暮らしの叔母が認知症になり、介護サービスを利用していろいろなサービスを受けた話しです。

健康チェックも受けられる介護サービスについて
Google
CONTENTS
健康チェックも受けられる介護サービスについて

健康である事の大切さと介護サービス

夫に先立たれて1人暮らしをしていた叔母が、物忘れが激しくなり病院で診察してもらうと、軽度の認知症の症状が出ている事が分かりました。軽度の認知症なので、薬で多少進行を遅らせる事が出来る事を医師から告げられました。叔母は、認知症以外には健康ですがやはり、1人暮らしは難しい状況だという事になりました。叔母の近くに、親戚はみんな住んでいますが毎日叔母の家に行くのは難しい状況で介護サービスを利用する事になりました。介護サービスを受ける為に、市に申請を行い要介護認定をしてもらいました。

叔母は、要介護認定を受けて取りあえず、介護サービスを利用して誰も叔母の家に行く事が出来ない日には、デイサービスセンターへ行く事になりました。叔母は、認知症がありますが軽度なので、普通のデイサービスセンターへ行く事になりました。あまり外に出るのが、好きでない叔母は最初はデイサービスセンターへ行くのを嫌がっていましたが、行ってみると意外に楽しかったようで回数を重ねる毎に楽しんで行くようになりました。しかし、体は健康なんですが、認知症の症状が少しずつ悪化して家に置いておくのが難しい状況になり話し合った結果老人ホームに入居する事になりました。叔母が介護サービスを利用するようになり、介護保険の有難さを深く感じました。もし、介護保険制度が無かったら介護の重さに押しつぶされていたと思います。誰もが健康で老いたいと思っていますが、何が起こるか分かりません。高齢化社会に突入している日本にとって、介護保険制度の意義は大きいです。

関連サイト

Copyright (C)2017健康チェックも受けられる介護サービスについて.All rights reserved.